お食事処NASA

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EP8 男の行く末  

pso20121208_123517_000.png

それは砂漠を駆ける一人の男の話だ。


続きを読むなら下のREADMOREでござい








pso20121207_230627_023a.png
(C)SEGA


男は、真っ赤な服に白いお髭を蓄えていた。

天から加護を受け、光り輝く男。

12月になると忙しい彼は、サンタクロースだった。




pso20121207_231938_026.png
(C)SEGA

12月24日にはまだ早かったが、オラクルのサンタの準備は早かった。

「ぬかりはないわい」

と言うのも、希少価値の高い物(レア)を欲しがるアークス達もいるからだ。






今年も爺にとって困ったプレゼントがあった。

そのプレゼントと言うのも、グワナーダと言う化け物が落とすレアアイテムだった。

pso20121208_164752_012.png
(C)SEGA

ダブルセイバー・ワイヤードランス・ツインダガーと戦士にとって欲しい物を持つ化け物だった。





爺は砂漠に入り浸りになった。

道中で襲い掛かってくるモンスターなどはなぎ倒してきた。

pso20121209_010214_000.png
(C)SEGA





サンタ業界も過酷だった。




pso20121208_141523_001.png
(C)SEGA



来る日も来る日もグワナーダをたおし続けた。




pso20121208_164746_011.png
(C)SEGA

気か付けば爺の服は赤から黒に変わっていた。

道中で遭遇したラグネの液体やトランマイザーのオイルで染まっていたのだ。

何よりグワナーダをたおし返り血を浴び続けたからだろう。

「100から先は数えてないわい」







いつしか爺はブラックサンタと呼ばれるようになっていた。

それは子供に夢や希望を与え続けるサンタの姿ではなかった。

子供からは避けられ、業界の仲間には忌み嫌われ後ろ指を指されるようになった。


pso20121208_152143_006.png

ブラックサンタは、赤い物を嫌うようになっていき。

己が目的を忘れ、赤い物を襲うに飽き足らず人々を襲う化け物に変化していったのであった。






コレが後のラッピー惨殺事件に繋がる。

pso20121212_213515_047.png

ラッピー惨殺事件はまだ解決していない。

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。