おしょくじどころ なさ☆

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EP4 不気味なナベリウス 後編  

pso20120921_133014_008.jpg
(C)SEGA

PSO2がサービス開始してから、コンシューマーゲームをほぼやることがなくなった。
それに伴って、ストーリーのあるものからかけ離れてしまっていた。
その反動か、妙にこのゲームのストーリーは先が気になってしまう。


続きは下のREADMOREから。
再び依頼で凍土に来ている。






pso20120921_133018_009.jpg
(C)SEGA




そこには、森林で遭遇した黒仮面の男が来ていた。





pso20120921_133039_012.jpg
(C)SEGA




幸い彼はこちらには気づいていなかった。





pso20120921_133042_013.jpg
(C)SEGA



何か音がした。


ロジオ「音ですか?いえ、こちらのデータでは特に何も補足していませんが・・・・・・」


どうやらロジオには分からないらしい。

主人公?補正かもしれない。

音のするほうへ向かうことに。





pso20120921_133222_019.jpg
(C)SEGA



本能のままに手を伸ばしてみる。


pso20120921_133247_022.jpg
(C)SEGA


私にはまるで武器になんて見えなくて。
壊れてるのかも分からなくて。
形がおかしいのかどうかも分からない・・・。

言われるがままに進むストーリー。






なんかロジオが言ってるし、そうなんだろ?まぁロジオだし。




投げ出してるわけじゃないよ!





そんな時・・・





pso20120921_133324_026.jpg
(C)SEGA



黒仮面が襲い掛かってくる。




雑になった。




pso20120921_133449_037.jpg
(C)SEGA


もっと雑になった。

殴られてるSSばかりなのに見事に勝ってる。

撮った時点でもうだったのかもしれない。

そして何より更新している今が凄い。雑オブ雑

更新する気持ちで、PCの前に座ってもう何日経ったのだろうか。


記事を書いてるときにふっと思うことがある。

同じストーリーや、PSOの世界でも人それぞれ感じることや暮らし方が違うのは絶対だ。

人のブログを見て感じるのだけど、私の場合は少し親近感を感じたりする。

私の文章は適当なのが多いし、SSの載せ方や編集の仕方もそうなんだけど

見てる人は親近感を感じたりするのだろうか?ってね。


それもあって、自分の親しい人の世界を少し覗いてみたいと言う気持ち。勿論PSO2での世界の話。

うん、代わりに誰か更新してくれないかなー。


pso20120921_133708_049.jpg
(C)SEGA


なんか呟いてる内に、勝負は終わっていた。





pso20120921_133719_051.jpg
(C)SEGA


ヴィタソードだよね?それ。

詳しいことよく分からないけど。wiki見たら載ってたよそれ。

敵落とすからさ、元気出してよ。

ショップ覗いてみなよ。

マグのエサとしても売ってるかもしれないから。



業物ヴィタソードが壊れ、黒仮面もダメージを負い去っていった。





思いつきで先輩に悪態をつく。

ある程度レベル上がって、このストーリー進めちゃうと

突っ込まずにいられないもんだ。




pso20120921_133741_053.jpg
(C)SEGA




話をそらす先輩




pso20120921_133655_046.jpg
(C)SEGA

ゼノが言うからには、そうなんだろう。

どうも私は感じる。

ゼノが主人公なんじゃないだろうかと。

良い所はいつもゼノが持っていくストーリー構成。

どうしても空気感がぬぐえないのはPSUの頃と一緒である。

しかし私はバカだから、私が主人公と言い張り、次もやっていくのだ。

pso20120921_133807_057.jpg
(C)SEGA




不気味なナベリウス 後編 終わり





pso20121024_091343_013a.jpg
(C)SEGA

次回ストーリー砂塵の奥へ続く。

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。